fbpx

〈基礎編〉①糖質には様々な種類があるってしってましたか?

 単糖類

 二糖類

 多糖類

 難消化性デキストリン

 難消化性オリゴ糖

 立体異性体

 アノマー(α、β異性体)

上記の項目も見てピンっときた方は少ないのではないでしょうか?

これらはすべて糖質に関係するものとなっております。

糖質と聞くと悪いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?しかし糖質(炭水化物)は私達人間に必要な三大栄養素の1つです。

三大栄養素とは・炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質。これらの事を指します。また・ビタミン・ミネラルなども含めると5大栄養素と言われています。

そもそも糖質と言う言葉は良く耳にするかと思いますが、単糖類、二糖類、多糖類と言う言い方はあまりなじみのない言葉だと思います。しかしこれらはすべて糖質の種類の一つです。

 

この基本編1・・・糖質の種類では、三大栄養素の1つ炭水化物(糖質)に関する種類や構造などを詳しくご説明指せて頂きます。

炭水化物(糖質)と言うような書き方をしていますが

一般的に糖質と炭水化物を同じとして考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、炭水化物は「糖質と食物繊維」が一つになっている事をいいます。

糖質はさらにそこから細かく分ける事ができ、同じ糖質の中にもさまざまな種類があります。

食物繊維も同じことが言えるでしょう。

私たちが普段食べているご飯にも、もちろん糖質は含まれています、ごはん一杯に角砂糖何個分の糖質が入っているかご存知ですか?なんと14個分です!!

このように食べ物にはほとんど糖質が含まれています。

糖質は口に入れるまではそれそれ構造(形)の違う糖質どうしがくっついている状態ですが、体の中に吸収されるとき一つの糖(単糖)として吸収されます。

砂糖は?

牛乳は?

お米は?

野菜は?

果物は?

このように普段何気なく口にしている食べ物や、飲み物が、どのような糖質の種類なのか、また構造式なのかなどを理解することで、体への消化やエネルギーへと変換される流れや、私たちの体にどのようにエネルギーとして使われるのかを理解するための基礎となりますので覚えていきましょう。

 

Posted by kuni1089